借地権トラブルは弁護士に相談を

借地権は借地人と地主の間のトラブルが多い権利として知られています。借地権とは、底地を所有する地主が、底地の上に建物を建築し所有する借主に底地を貸す際に設定される権利であり、地主と借主が長くお付き合いすることになります。人生には様々なライフイベントがあり、それに伴うトラブルも起こり得るのです。例えば、借地権付き建物を所有する親が亡くなり、それを息子が相続するといったケースで、相続した息子は家を改築したいのに地主が応じない、といったケースです。本サイトではこういった事例をベースに、弁護士に相談することによる解決のイメージを持っていただけるよう簡単にまとめます。

借地借家法は大変複雑な法律であり、また、借地権が長期間にわたる権利であること、平成4年に改正された借地借家法以前に設定された借地権も存続している点も考慮が必要です。当事者同士の話し合いで解決できればいいのですが、長い時間がたつと、人の考え方は変わりますし、土地の価値が上がると地主にとってもさらに収益が上がる活用をしたくなるものです。一方、借地権は貸す側にとっては制約の大きな権利であり、借主が強く保護される権利です。地主は、借主に出ていってくれ、と口で言うことは可能でも、地主の思い通りにはいかないのです。

最後の解決方法は、地主に承諾料を払うなど、お金による解決が可能ですが、こういった手続きには代理人たる弁護士の力を借りて、長期的な利益を弁護士が説明することで、双方の落としどころを探るのが現実的でしょう。ここに弁護士の役割があるのです。