相続人がいない場合

借地人が亡くなり相続人がいなくなった場合地主はどうしたらいいのでしょうか。少子高齢社会ではこの種のトラブルが増えてくると予想されます。借地人に相続人がいなく、あるいは相続人はいるものの全員が相続放棄をして結果相続人がいないと、地代を請求する先がありません。また、例えば生前から地代の滞納がありこれを理由に借地権解除を求めても相手先がなく、建物も誰もいないまま放置されてしまう、といったことも考えられるところです。

相続人がいない場合、あるいは相続人全員が相続放棄をした場合は、相続財産を法人とみなし、その財産を管理する「相続財産管理人」を家庭裁判所で選任してもらいます。相続人行方不明や生死不明の場合は、不在者の財産管理または同じく家庭裁判所に失踪宣言の手続きを依頼します。これらの手続きには当然各種手数料など費用が掛かりますが、弁護士に依頼して手続きをスムーズに進めた方が解決が速くなることが期待できます。相続財産管理人が選任されたら、地主は、相続財産管理人が、第三者に対して借地権を譲渡することについて承諾する、相続財産管理人から借地権を自ら買い取る、借地契約を解除して建物の収去・土地明渡しを求める等を検討します。

以上のような複雑な整理が必要となる借地権相続のトラブル解決には弁護士や専門家を頼るほうが、100%満足できなくとも問題解決に近づくと考えられます。